「コンセントプラグ」とは何のこと?使用上の注意はある?

2022/04/04

「コンセントプラグ」とは電化製品などのコード先端についている差し込みプラグのことを言います。
このコンセントプラグについて簡単に紹介します。

▼差し込みプラグは国により形が違う
日本ではAタイプ(A型)と呼ばれるプラグが一般的に使われています。
しかし海外ではAタイプに限らず、様々な形状のプラグが使われています。
海外に行く場合は、「変換プラグ」をプラグとコンセントの間に入れることで日本の電化製品も使用可能です。
ただし日本の電化製品は100Vのものが多く、海外で使用する場合には変圧器が必要な場合もあります。
スマートフォンの充電器については、そのまま使えるものもあります。

▼コンセントプラグを使用する時の注意
コンセントプラグ(差し込みプラグ)は、基本的にはコンセントに差すだけで使用できます。
しかし用途や使用場所によっては、プラグのタイプが違う場合があります。
防水タイプ、アース付きなど、差し込みプラグにもいろいろありますので、用途に合わせて使わなくてはなりません。

▼まとめ
「コンセントが足りない」「適したコンセントがない」という場合はコンセントの増設も可能です。
ただしコンセント増設は有資格者による工事が必要になります。
東京の「株式会社スリーネット」では、法人を対象に様々な電気工事を行っております。
テナント・アパート・マンションなどを対象に多数の実績を持つ熟練のスタッフが丁寧に対応しますので、ぜひご相談ください。