コンセント増設は電気工事業者への依頼が必要

2022/03/21

「建物にコンセントが足りない」「必要な場所にコンセントがない」と困る場合もありますよね。
そんな時に考えられるコンセント増設について注意点を見ていきましょう。

▼コンセント増設には資格が必要
近年はさまざまなDIY方法がインターネットなどで確認できます。
そこで「自分で作業したい」と考えるかもしれませんが、コンセント増設には「電気工事士」の資格が必要です。
知識や技術がなければ漏電などを引き起こす可能性もあり、とても危険です。
そのため、絶対に無資格での作業は行わず、専門の業者に依頼してください。

▼コンセント増設の依頼先は
コンセント増設は電気工事を行う業者で対応してくれます。
電気工事を行う業者であれば、有資格者が安全に作業してくれるため、安心して任せられます。
コンセント増設の方法には「露出型」「隠蔽型」があります。
配線が露出しているのが露出型、隠れているのが隠蔽型です。
場所や用途により、どちらが良いのかは違ってくるため、増設時に相談してみましょう。

▼まとめ
漏電による事故や火災が発生すると、工事費用よりも高くついてしまいます。
建物の安全を守るためにも、コンセント増設は絶対に電気工事の業者に相談してください。
「株式会社スリーネット」では、工務店様や不動産会社様からのコンセント増設の依頼に対応しております。
所有されているアパートやマンション、オフィスなどのコンセント増設をお考えでしたら弊社までご相談ください。