電話回線を光回線に移行してルーターを使いインターネットに接続しよう

2022/02/21

「インターネットに接続したい」と考えている店舗やオフィスもあるでしょう。
そこでインターネット接続を可能にするために考えられる方法について紹介します。
これからオフィスのインターネット環境を整えたいと考えているならぜひ参考にしてみてください。

▼インターネットへの接続には光回線とルーターが必要
かつてはアナログ回線やISDN回線を使ったインターネット接続も可能でした。
しかし現在は、光回線とルーターを使う方法が一般的です。
電話回線を光回線に移行してルーターを設置し、プロバイダと契約する必要があります。
この方法により従来のアナログ回線などよりも高速でのインターネット接続が可能です。

▼電話回線を光回線にするには
光回線を利用するには、回線事業者への申し込みが必要です。
申し込みから開通までは数週間以上かかることが多いため早めに申し込みをしましょう。
光回線開通後には契約したプロバイダ情報をルーターに設定します。
これらの作業には専門知識が必要となるため業者に依頼しましょう。
ルーターへの設定を行うことにより、インターネット接続が可能となります。

▼まとめ
光回線は申し込みから開通まで日数が掛かります。
そのため、なるべく早い段階で業者に相談しておくことをおすすめします。
「株式会社スリーネット」では工務店・不動産会社などからの工事の依頼を承っております。
多数の実績を持つスタッフが丁寧な作業を行っておりますので、ぜひ「株式会社スリーネット」までご用命ください。