電話回線の工事は信頼できる業者へ

2021/12/20

電話回線の工事は業者へと言われても、そもそも電話の工事はNTTがするのではと思った方もいるのではないでしょうか。
もちろん、NTTも工事をしますが、その後の重要な工程を業者が担っているのです。
今回は電話回線と工事について見ていきます。

▼電話回線はNTTと業者の工事で繋がる
NTTが担当する工事と業者が担当する工事で、電話回線は繋がり使用することができます。

■NTTは屋外を担当
NTTが受け持つ工事は屋外です。
住宅やお店、オフィスビルなどの建物まで電話線を引き込む工事を担当します。

■屋内の工事は業者が受け持つ
業者は引き込んだ電話線を電話機まで配線し使用可能な状態にします。
屋内の工事には、交換機工事と電話配線工事、電話機設置工事があり、これらを行うことで
はじめて電話回線が繋がり電話機を使用することができるのです。

■レイアウト変更時にも業者が必要
事業内容の変化に伴いオフィスのレイアウトも変化しますね。
変更時には電話機の配置も変わりますが、知識のない方が手を出してしまうと配線が上手くいかず、場合によっては電話回線が使えなくなるリスクがあります。
レイアウト変更時にも屋内工事を担当した業者に依頼すべきだと言えます。

▼まとめ
電話回線を使用するためには、屋外と屋内の工事が必要になるとお伝えしてきました。
屋内の工事の重要性は十分に伝わったと思います。
信頼できる業者をお探しの場合、株式会社スリーネットにお問い合わせください。
電話回線をはじめ、さまざまな電気工事を経験したスタッフ対応いたします。