電気設備管理の仕事内容とは?

2021/11/08

電気設備は一般家庭から大規模な施設まで、電気を使うところには必ず設置しています。
電気設備管理でおこなう仕事とはどのようなものでしょう。
ここでは、電気設備と管理について見ていきます。

▼電気設備を管理する仕事内容
電気を使用する場所には必ずある電気設備、設備を管理する仕事について見ていきます。

■電気設備とは
電気設備とは、電力会社の配電線から電気を受ける設備や変電設備、非常用電源設備など電気に関する設備の総称です。
先にも触れた通り、人の暮らしには欠かせない設備と言えますね。

■電気設備管理の仕事内容
電気設備管理の仕事は、電気設備の保守と点検、整備や修理、運転監視などです。
設備管理を徹底しないと、漏電による発火へと繋がるリスクが高まります。
また、トラブルやアクシデントにより電気の供給がストップした場合には、施設の機能が低下するため、人の暮らしにも影響を与えます。

■取得しておきたい資格
電気設備管理の仕事には取得しておきたい資格も。
無資格でもできる仕事もありますが、取得しておけば仕事の幅もより一層広がります。
電気工事士は、電気工事がおこなえる資格です。
ガスや水道工事と違い、電気工事は有資格者でなければ手掛けることができません。
電気設備の管理に携わるなら、必須の資格と言えます。
電気主任技術者は、国家資格の一つで電気事業法に基づき事業用電気工作物の保安業務をことができます。

▼まとめ
電気設備管理の仕事は、生活の場所や働く場所を守る仕事と言っても間違いではありません。
オフィスや店舗などは定期的な点検管理が必要と言えます。
電気設備の管理は株式会社スリーネットにお任せください。
電気工事のエキスパートが電気設備を管理いたします。