電気設備の点検は法で定められてる

2021/10/04

私たちの生活に電気は必要不可欠ですね。
日常の暮らしを快適にするだけでなく、命を預かる現場では生死にかかわる重要な存在です。
安定した電気供給のためにも、電気設備の点検は必要と言えます。

▼法で定めた電気設備の点検
電気設備の点検を法で定めているのは、安定した電気を供給するためです。
電気設備と点検について見ていきます。

■電気設備がないと生活に困る
電気がないと私たちの暮らしは大変なことになりますよね。
照明がない、エアコンもない生活は少し厳しすぎます。
職場においても、電気供給のストップを考えただけで青ざめてしまう方もいるのではないでしょうか。
そうならないように、法で電気設備の点検を定めているのです。

■電気に関する法律と法令
電気には、電気事業法や電気設備技術基準の解釈、電気設備に関する技術基準を定める省令などの法律や法令があります。
これらの法で義務付けた点検で、安全で安定的な電気が使用できています。

■電気設備の法定点検は2種類
義務付けられた法定点検は、月次点検と年次点検の2種類。
月次点検は1ヶ月に1回以上の点検をおこない、年次点検は年に一度、完全に電気を止めて点検をおこないます。
設備の状態、劣化具合を点検し、必要に応じてメンテナンスを実施します。

▼まとめ
電気設備には点検を義務付けた法があり、これは安全で安定した電気供給のためです。
オフィスや施設の法定点検には、経験豊かな有資格者が適任と言えます。
株式会社スリーネットは、電気設備をはじめさまざまな電気工事を承ってまいりました。
お気軽にお問い合わせください。