電気設備は人々の暮らしに欠かせないもの

2021/09/20

設備という文字から電気設備を大規模なものと思う方もいるかもしれませんね。
しかしながら、電気設備は一般家庭にもあります。
ここでは、電気設備について見ていきます。

▼電気設備は身近にある存在
電気設備は電気を使う所ならば必ずあると言っても過言ではありません。
電気設備について見ていきます。

■電気設備とは
電力会社の配電線から受電する受電設備や変電設備、電灯幹線など電気における設備の総称を指します。
一般家庭からオフィスやマンション、大人数を収容出来る施設と、電機を使う所には必ずあるのが電気設備です。

■電気設備には管理が必要
オフィスや施設に安全に電気を供給するためにも、電気設備には管理が必要です。
管理内容には、保守や点検、整備と修理、運転監視などがあり、電気工事士や電気主任技術者など資格を持った者が管理にあたります。

■定期的な管理は必要
電気設備に管理が必要なのは言うまでもありませんね。
点検や運転監視をしないことで設備に火災が発生、状況によっては電気供給の完全停止という事態にもなりかねません。
資格を持った業者による定期的な管理は欠かせないのです。

▼まとめ
電気設備は電気を使う所には必ずあり、資格を持った者の管理が必要です。
家庭でも職場でも電気のない生活は、耐えられないですよね。
株式会社スリーネットは、さまざまな電気工事を承ってまいりました。
電気設備に精通したスタッフが管理にあたりますので、お気軽にご連絡ください。