マンションのLAN工事・請け負う業者の対応は?

2021/08/23

マンションのLAN工事の需要は高まっています。
現状は無線LANの比率が高いのですが、特に入居人数が多いマンションの場合、無線LANでは十分な回線速度化が確保出来ないのです。
ここでは、マンションとLAN工事について見ていきます。

▼LAN工事を希望する入居者からの依頼
LAN工事を請け負う業者は、工事を希望するマンション入居者からの依頼で動き出します。

■現地調査
現地調査で着目するポイントは、現地ルーターの位置とLANケーブルを引き込む場所です。
この二つの経路が最も重要であり、見積もり金額も変わってきます。

■埋め込み配線
マンションの景観を損なう心配のないLAN工事が、埋め込み配線工事です。
マンションの壁内にあるCD管を利用して、ケーブルを配線します。
外の影響を受けることがないため、耐久性が向上します。

■埋め込みが出来ない場合
CD管がなかったり、管内に配線をする余裕がなかったりした場合の施工方法が露出配線です。
当然、埋め込み配線よりも耐久力は低下します。
しかしながら、モールを使用しLANケーブルを保護するため、ケーブルが破損する心配はありません。
もちろん、配線ルートも安全性を確保した上で進めます。

▼まとめ
マンションのLAN工事について見てきました。
マンションを施工する工務店や管理する不動産会社のかたも、オーナーから工事について相談を受けるケースがあるかと思います。
ここでお伝えしたことを参考にしてみてください。
よりマンションのLAN工事を知りたい場合には、株式会社スリーネットにお問い合わせください。
経験豊かなスタッフが丁寧にお答えいたします。