LAN工事後の耐用年数について

2021/08/09

戸建てや店舗でおこなったLAN工事、新品で設置した機器は期待に応えてくれたはずです。
ただ、年数の経過と共に機器も劣化していくことは避けられません。
ネットワークを構築している機器の耐用年数には注意しておくべきです。
ここでは、LAN工事後の耐用年数について見ていきます。

▼耐用年数の把握はトラブルを避ける
機器や器具の劣化は必ず発生するものです。
LAN工事後の耐用年数を予め把握しておくことは、トラブルを未然に防ぎます。

■劣化の放置はトラブルのもと
有線ケーブルをはじめプラグや電源モジュールなど、LANを構築する全てに耐用年数があります。
年数の経過と共に劣化が進み故障や事故が発生、ある日突然ネットワーク環境が使えなくなる事態にも繋がりかねません。

■耐用年数を目安に
ネットワーク機器の劣化の目安となるのが耐用年数です。
耐用年数は本来「法定耐用年数」と呼び、法定上で定めた見積もりの使用期間を指します。
見積もりの期間とは、「このくらいは使用出来るだろう」とした期間です。
見積もりとはいえ法定上で定めた期間ですから、機器類が劣化しているかの判断基準となります。

■アフターケア
LAN環境にトラブルが発生した場合、工事を請け負った工務店や不動産会社に対応を求めて連絡が入ります。
もちろんLAN工事を任せた業者にも連絡がいきます。
アフターケアを行うことを前提として、現在の店舗やオフィス環境に合わせたLAN環境を提案出来る業者を予め選んでおくのが重要と言えます。

▼まとめ
LAN工事後のネットワーク機器には耐用年数があります。
耐用年数は機器の劣化状態を知る目安です。
トラブル発生時にはスピーディーに対応し、より良い提案が出来る電気業者が理想的です。
株式会社スリーネットは、素早い対応を心掛けています。
どのようなことでも、お気軽にお問い合わせください。