LAN工事とは?基礎中の基礎を紹介

2021/07/19

LAN工事とは、どのようなことかご存知でしょうか。
これからの時代、戸建てをはじめマンションや店舗設計に携わる方には必要な情報と言えます。
ここでは、LAN工事とはどのようなものかを見ていきます。

▼LAN工事の基本を知ろう
そもそもLANとは、どのような種類があるのか、まずはここからお伝えしましょう。
LAN工事とは何か、基礎中の基礎を見ていきます。

■LANとは同じエリアのネットワーク
同エリア内で通信機器を繋げデータをやり取りするネットワークをLANと言います。
オフィスのパソコンで取り込んだ各店舗のデータをプリンターへ送信、プリントアウトするが一つの例です。

■有線LANと無線LAN
LANには有線LANと無線LANの2種類があります。
有線LANは通信速度の速さと安定した接続がメリットですが、有線のためケーブルが邪魔になるなどのデメリットがあります。
無線LANは、ケーブルがないためスッキリした空間を確保できるのが良い点です。
ただ、有線と比較し通信速度は遅く接続も不安定、機器も無線に対応したものを選ぶ必要があります。

■LAN工事とは
LAN工事とは、インターネット環境を整え機器のネットワークを構築する工事です。
機器の配置構成をもとに工事を進めていきます。
店舗を作ったり、オフィス内のレイアウトを変更したりする場合、請け負う工務店はネットワークの担当者と話し合い配置構成を決めています。

▼まとめ
LAN工事とは、ネットワーク機器を使えるようネット環境を構築する工事です。
ベースとなる配置構成を決める時、ネットワーク担当がいないというケースもあります。
その場合に頼りになるのが電気工事専門の業者です。
株式会社スリーネットは、さまざまな電気工事を承ってまいりました。
お気軽にご相談ください。