電話回線を新規で契約する方法は?

2021/06/21

スマートフォンが普及し固定電話の必要性が薄れている現在ですが、事務所を立ち上げたり、オフィスにはまだまだ必須のアイテムですよね。
電話回線を新規で契約したいけどどうしたらいいのか分からないという方に、電話回線の種類と契約方法をご紹介します。

▼固定電話回線の種類
電話回線は、昔からNTT回線が主流で聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。
現在は、NTT以外からも携帯電話の会社や、インターネット会社、ケーブルテレビ会社などからも固定電話を引くことができます。

■NTT電話回線
一般的な電話回線はNTT回線です。NTT回線には、施設設置負担金を支払う「加入電話」と施設設置負担金が必要ない「加入電話ライトプラン」があります。
「加入電話」では、NTT回線の加入権が得られるため、不要になった場合に電話回線を中古で売ることもできます。
一方、ライトプランでは加入権がなく月々の支払いが加入電話よりも少し高めに設定されています。
加入方法はNTTのホームページから、または「116」に電話をして申し込みます。

■直収電話
NTT以外のサービスは直収電話と呼ばれています。KDDIやソフトバンクなどの電話サービスがこれに当たります。直収電話の場合、施設設置負担金がないので初期費用がすくなく、また月々の支払いも安くなることがあります。
もともとインターネットなどで契約している業者であれば、電話とのセットプランで安く契約できることもあるので、一度確認してみましょう。

▼まとめ
固定電話をつなげる際には、NTT回線で契約するのか、その他のサービスで契約するのかを比較検討してみましょう。
NTT回線の場合は、施設設置負担金というものもあるので、長期的に使うのか、短期的に使うのかでも契約プランを考える必要があります。まずは各業者で見積もりをとってみるのもよいですね。