電話回線やインターネットのコンセントの種類は?

2021/06/07

電話回線やインターネットを接続する際には、2つ穴の通常のコンセントではなく専用のコンセントが必要です。
コンセントは主に3つに分けられます。それぞれのコンセントで配線方式などが異なっているので、詳しく解説します。

▼光コンセント
光コンセントは高速でインターネットに繋がるのが特徴です。
その理由は、光回線が光コンセントまで直接つながっているからです。これを「光配線方式」といい、光コンセントのみに適応される配線方式です。
光コンセントの周辺には光の文字が書かれています。

▼LANコンセント
LANコンセントは、「LAN配線方式」の際に設置されるコンセントです。
LAN配線方式は共有スペースまでは光回線で、その他の各部屋へは有線LANをつないでいます。
LANコンセントとパソコンなどの機器を繋げることでインターネットが利用できるようになります。
LANコンセントの周辺にはLANの文字が書かれています。

▼モジュラージャック
モジュラージャックは、電話線などをつなぐコンセントの部分のことです。
共有スペースまでは光回線でつながり、各部屋まではVDSL(電話回線用ケーブル)がつながっています。これを「VDSL方式」といいます。
モジュラージャックは電話回線をつかうので、インターネットは光コンセントやLANコンセントよりも遅くなることが多いです。

▼まとめ
電話回線やインターネット回線に使われる3つのコンセントを解説しました。
配線方式がちがうことで、コンセントの形状や通信速度なども変わります。
電話回線やインターネットを繋げる際には、その建物に適したコンセントを設置して快適に電話やインターネットが利用できるようにしておきましょう。