電話回線が繋がらない原因と対処法

2021/05/17

突然電話回線が繋がらなくなった場合、どうすればいいのでしょうか。
特に事務所やオフィスの電話が繋がらないと困りますよね。電話回線が繋がらなくなる原因と対処法を解説します。

▼主装置の電源が入っていない
まず、主装置の電源が入っているか確認してください。
すべての電話が使えなくなっている場合、主装置に異常が発生している可能性が高いです。
主装置に電源が入っていたら、次は故障の可能性もあります。
故障の場合はサポートセンターに問い合わせてみる必要があります。

▼ケーブルの配線に問題が生じている
次に、主装置と電話機の配線が正しくつながっているかを確認しましょう。
接触不良の場合もあるので、つなぎ直してみると解決する場合もあります。

▼電話機に問題が生じている
オフィスや集合住宅などで、1つの電話機だけが繋がらない場合は、電話機の故障が考えられます。
他の電話機と接続を交換してみて繋がるようであれば、電話機の故障です。
故障の場合は、サポートセンターに問い合わせの必要があります。

▼電話回線に通信障害が発生している
主装置の電源も入っていて、ケーブル配線にも問題がなければ、電話回線自体に通信障害が発生している可能性もあります。
回線事業者のホームページになにか情報が載っていないか確認するか、直接連絡して聞いてみましょう。

▼電話回線が復活しない場合はサポートに問い合わせる
電源が入っていない場合や、配線ミスであれば自力で復旧できますが、故障や通信障害であれば直ちにサポートに問い合わせてみましょう。

▼まとめ
電話回線が繋がらない原因が、電源や接続のミスであれば自力で解決できます。
しかし、故障や通信障害であればどうしようもありません。すぐにサポートセンターに問い合わせて対処してもらいましょう。
電話が使えなくなったときのために転送機能をつけておいたり、定期的なメンテナンスをしておくことも大切ですよ。